私達も武道ジーニアスメソッドを推薦します!

鈴木昭平 先生

 一般社団法人

エジソン・アインシュタインスクール協会

代表

 

1950年茨城県生まれ。横浜国立大学大学院経営学研究科修士課程修了。経営学修士。

ジャスコ(現・イオン)を経て桜美林短期大学、日本航空高校、国土交通省・住宅産業研修財団などの講師を務める。1992年から知的障害児の改善指導に取り組み、2009年に一般社団法人「エジソン・アインシュタインスクール協会」を設立。

著書に『子どもの脳にいいこと』『子どもの脳がどんどん良くなる』『発達障がい児が普通級に入れた!』(共著)『ダウン症児こそ大学院をめざせ!』など多数。

篠浦伸禎 先生

 都立駒込病院 脳神経外科部長

 

1958年生まれ。東京大学医学部卒業後、富士脳障害研究所、東京大学医学部附属病院、茨城県立中央病院、都立荏原病院、国立国際医療センターにて脳神経外科医師として勤務。1992年、東京大学医学部の医学博士を取得。同年、シンシナティ大学分子生物学部に留学。帰国後、国立国際医療センターなどで脳神経外科医として勤務。2000 年より 都立駒込病院脳神経外科医長として活躍し、2009 年より同病院脳神経外科部長。脳の覚醒下手術ではトップクラスの実績を誇る。 「2015年12月12日週刊現代「人として信頼できるがんの名医100人」に脳領域で唯一選ばれるなど日本を代表する脳外科医師。