代表者 挨拶

 私が、真の武道教育の確立を目指し、NPO法人 日本武道総合格闘技連盟・空手道禅道会を設立して、早20年! 法人設立以前であります、地域の町道場の期間を加えると武道教育に携わる様になり、35年が経過しました。

 その間、一般の青少年健全育成の武道教育に携わりつつ、当初は保護者から依頼されて個人的なボランティアでの活動が口コミで広がった非行・家庭内暴力・ひきこもり・発達障がい・精神障がいの子供達の為の自立支援・通信制高校サポート校「ディヤーナ国際学園」を立ち上げ、まさに教育の最前線に身を置き、様々なケースの子供達と寝食を共にしながらご家庭のあり方にも接触してまいりました。 学園設立当初と比べて青少年の問題も年々多様化かつ、深刻化する中で、まさに必要に迫られて心理学、脳科学など、様々な「教育に必要」と思われる分野の事を学習するに至り、言葉には言い表せない程の様々を体験を通じて青少年を自立に導いてまいりました。

また、近年はそれまでの学びを生かし「発達障がいは、障がいではなく発達特性だ ! 発達特性をよく理解すれば 発達障がいは改善出来る」をスローガンに障がい者放課後デイサービス「ディヤーナアフタースクール」、障がい者グループホーム「アルカディア」も設立しました。

加えて、私が首席師範を務める「空手道禅道会」では 安全で合理的な稽古体系と確立と上記の「ディヤーナ国際学園」から得られた学びのフィードバックにより格闘技界に著名な選手も多数輩出し国内教室約200箇所 、海外支部 25カ国に普及し、武道格闘技界ではそれなりに名前の知られた団体へと成長を遂げてまいりました。

 

 そんな中、どのようにしても思うように教育的成果を上げられない場合もあり「何がか足りない。どこに不完全な部分があるのだろう」と考えを巡らせていましたが、ある出会いと閃きがあり「これだ!」という教育システムに、ついに辿り着いたのです。それが「武道ジーニアスメソッド」なのです!

 

 ご存知の方も多いかとは思いますが、人間の脳は六歳までに成人の脳の容量の95%に爆発的成長をします。3歳までの愛情豊かな環境は勿論大切で重要なベースになります。しかし、3歳以降は言語の習得や 社会性やモラルの原体験形成期です。この幼児期からの教育が人格形成や学力知力をある程度決定づけます。そしてこの幼児期の学習法として、統計上、高い東大進学率を誇る学習システムを、さらに改良した、エジソン・アインシュタインスクール協会・鈴木昭平先生の高速学習を目のあたりした時の驚きは、 現実主義で実際に経験して見ないと信用しない私を本当に感動させ改めて人間の可能性を感じる事ができ、今もその驚きを忘れる事はありません。

 そして、これを武道と組み合わせたらと直感的に閃きました。呼吸法を伴うマインドフルネス効果はもっとも脳を学習する事に適した状態にします。つまり呼吸法の伴う武道の稽古、その稽古後30分から40分間は、人間の脳がもっとも学習効率的に良い状態となっています。その事は様々な科学的研究で証明されつつあるようです。そのような状態のときに脳の回路生成期から、つまり幼児期から少年期にかけて武道と鈴木先生の学習メゾットを組み合わせれば高い学力を持ちながら思考の柔軟性やバランス感覚、運動機能の活性化に加え、仲間との共感力、他者への思いやりを備えた人間に成長させる事が出来る、と確信するに至りました。そしてこの既に高い実績を持つ学習法に、武道の高レベルのマインドフルネス法を合体させて、その成果を数値として「見える化」出来るこのシステムを名付けて、『武道ジーニアスメソッド』と名付けました。「武道で天才を作る」正に「現代脳科学の文武両道」です。是非 この学習法をお試ししていただけたら幸いです。                                                                                                           

  認定特定非営利活動法人 日本武道総合格闘技連盟

理事長 小沢 隆