超高速学習

メソッドは前段後段の2部構成になっています。第1部は空手道の稽古で45分間、第2部は最新脳科学を基にした超高速学習で45分間 合わせて1時間30分です。

第2部 最新脳科学 超高速学習 45分間

国・数・英・社・理の5教科すべてを超高速で学習します。


□超高速学習

 楽しく学習ができる「超高速学習カード」などを使います。先生がカードを素早くめくりながらそのカードに書かれていることを言葉に発して見せます。単語のイメージと言葉で脳が刺激されます。このことにより特に右脳が刺激されイメージで記憶する能力が開発されていきます。さらにカードの質を少しづつ変えていき、右脳に入った情報を左脳へと伝えます。脳内における汎化作用で脳全体を開発していくことができます。この学習法は前半の武道の部分を抜いた形でもめざましい効果を上げており既に実証済みです。基礎概念・語彙力が増えますので、知的な部分が飛躍的に伸びることは間違いありません。

 

 

 □発達検査表

 現在のお子様の状態を数値で判断する私共独自の発達検査表を用いれば、子供の発達を可視化することが出来ます。「今までどこか足りなかったのか」が洗い出され、達成容易な部分から取り組めるため子供にとって自信がつくと同時に、具体的な情報をもとに子供の進歩を指導者と保護者が共有することにより、家庭教育の啓蒙にも役立ちます。それが保護者にとっては意識改革に繋がり、結果として家庭内での子供の学習ホルモンを促進させてストレス教育からの脱却を可能とすることで家族内の質的変化が子供の健全な人格作りにとても役立ちます。そして強い部分はもとより結果として弱い部分もどんどん伸ばしていくことができ、コミュニケーション能力、社会性も成長していきます。

 また提携教育団体には保護者が教育について相談出来るように無料で電話相談ができる14人のカウンセラーがいて、現場指導者はもとよりそのカウンセラーに発達検査表を通じて具体的な相談やアドバイスもできるようになっています。

【学習内容】

 挨拶・パワーアップ体操 30秒

 唱和文集 2倍速 3分30秒

 迷路 1分

 社会又は理科ソング 3分

 押さえのプリント 4分

 超高速学習 1分

 高速足し算九九 2分

 英語 2分30秒

 高速素読集 文豪 3分

 オリジナルプリント学習 6分

 高速歴史人物 3分

 挨拶 30秒

 ※内容は多少変更や前後することもございます